この道を行けばどうなるものか

 

1999年の7月26日、

ぼくは会社を辞めて、イギリスへ飛んだ。

「ストーンヘンジ」を見るためだけの大きな決断だった。

TABI026111

この道を行けばどうなるものか。
危ぶむなかれ。
危ぶめば道はなし。
踏み出した一歩が道になる。
迷わず行けよ。
行けばわかるさ。

(この詩は、ぼくに大きな勇気を与えてくれた)

 

その後、家族と共にインドに行くことになった。

そこで、たまたまオイルマッサージと出会った。

 

1年後の2000年7月26日

インド式オイルマッサージのお店

「サマディー」をオープンした。

 

それから13年後の今日、

ぼくは幸せに生きている。

 

あの時、自分の未来を信じ、踏み出した一歩の先。

何が待っているのか?

想像することはできなかった。

 

しかし、ぼくは信じていた。

きっと素敵な未来が待っているということを。

 

そして、今、思うこと。

その期待は、大きく裏切られた。

想像を遥かに超えるほど大きく。

 

 

何がそんなに、大きかったのだろう?

 

それは、その途上で出会った人たちだと思う。

未来に待っていたものは、踏み出したお陰で、出会う運命になった人たち。

その人たちのお陰で、世界が広がってきた。

豊かに実り多きものをたくさん頂いた。

 

 

これからもぼくは一歩一歩、歩んでいく。

これからは、歩んで行く道に少しでもキレイな花が咲くように。

頂いたものを少しでも還していけるように。

 

 

先日、スッキーが、ぼくに色紙をくれた。

ぼくの名前の頭文字に、詩をつけて。

 

わたす想いが、世界へ広がる。

づる心が、いつの日か

あわせとありがとうの種を、自分の足跡から芽吹かせていく人になる。

 

 

 

そうなれるように、がんばるよ。

ありがとう。

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す