念願の金閣寺~その1~

高校の修学旅行の時

「金閣寺」に行った。

500_10661994

「行った」という表現は、適切ではない。

「駐車場まで行ったが、入れなかった」が正当な表現。

 

また

この修学旅行に行くこと自体にドラマがあった。

 

ぼくは、高校球児だった。

マジで甲子園を目指していた。

母校の修学旅行は、毎年夏、

それも甲子園県予選の最中に開催されていた。

 

ので、先輩方のほとんどは

修学旅行に行ってなかった。

 

だから、ぼくらも当然行く気はなかったし、

修学旅行ではなく、

合言葉は「甲子園へ行こう」だった。

 

ところが、県予選(たぶん準々決勝)で敗退。

その翌日が、修学旅行の出発日だった。

 

複雑な心境だった。

修学旅行に行けるという喜びなど皆無だった。

それは、ぼくを含め、

チームメイト全員そうだった気がする。

 

そうやって出発した修学旅行。

 

そして辿り着いた京都「金閣寺」。

駐車場に着いた途端、大きな塊の雹(ひょう)が落ちてきた。

 

その雹(ひょう)は、

直径3~5cmの大きさの巨大なものだった。

 

外に出たか、出ないかの時で

みんな慌ててバスに引き返した。

 

その時、バスの中から見えたのは、

駐車場でお土産を売っているおばちゃんの悲惨な状況だった。

 

売店であるテントは無残にも雹(ひょう)で

こっぱ微塵に壊され、壊れたテントの中で

頭を何かで覆いながら、恐怖に打ち震えていた。

 

頭に当ったら、

ホント死んでしまうほどの大きさの雹だった。

 

「おばちゃんがやばい!!」

 

バスから3人の生徒が飛び出し、

おばちゃんを救出し、バスまで連れてきた。

 

バスから飛び出していったのは、

昨日敗退した野球部の仲良し3人組だった。(笑)

 

その夜、全生徒の前で紹介され、

喝采を浴びた。(笑)

 

金閣寺は見れなかったけど、

それが、ぼくの修学旅行の思い出。(笑)

 

それから30年後、願いは叶った。

 

(つづく)

 

PS.甲子園はいけなかったけど

修学旅行から帰って来た時、「行ってよかった」と思えた。(笑)

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す