タイとアベノミクス

お元気さま。
マスターです。

最近、アベノミクスとやらが世を賑わせております。

これが、タイと関係あるのか?

大いに関係ありでございます。
タイ好きにとっては、残念ながらアンラッキーなことなのです。

マイナス的な話はあまりしたくないけど、
現実的にとても痛い話なので、覚えておくとためになります。

それは、タイ好きに限らず、海外旅行をする人々にとっても
大事なお金の話です。

それは、「円安」。
今、1ドルが100円になろうとしてます。

ついちょっと前までは、1ドルが70円ほどの円高でした。

これは、アメリカで100ドルで売っているものが、
円高の時には、7,000円で買えていたのに、
最近は、10,000円する、ということですね。

ところが、円安になれば、
ドルとの関係だけの話ではなく、タイのバーツにもその影響が出ます。

 

1年前の今頃、タイで両替すると、
1万円で、4,000バーツものお金が替えってきてました。

ところが、今は、2,850バーツしか替えってきません。

これ、めちゃくちゃ大損の話なんです。
(ぼくがタイに行き始めて、この12年間で最大の円安状態です)

具体的にいうと、
タイで2時間のマッサージを受けるとします。

タイでは2時間のマッサージが400バーツほどです。
だとすれば、
1年前は、1万円で2時間のマッサージを10回受けることができました。

ところが今は、7回しか受けれないということです。

2時間のマッサージ、
日本では、1回が1万円ほどする高価なもの。

それが、その時の為替レートによって、
タイで行うわずか1万円の両替で、
2時間のマッサージ3回分ほどの大差にもなるということなのです。

「円安は、タイ好きにとっては、辛抱の時」
というお話でした。

だから・・・なんですが、
昨年みたいなスーパー円高の時には、
うれしくって、うれしくって、
こんな時もあるんだ~って、
いっぱい遊んじゃってました。(笑)

それは、いい時と悪い時を知っているからこそ
その価値を痛感できるんですね。

いい時も悪い時もある。
人生と一緒ですね。

それぞれの状況を楽しむしかないですね。

タイに観光に行く日本人にとっては、悪い状況だとしても
日本に観光に来るタイ人にとっては、良い状況なのかもしれません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

上記の内容は、先週発行のまぐまぐ!
マスターの「タイ古式マッサージ」より

http://archive.mag2.com/0001602312/index.html

まだ登録していない人は、登録ね。↑

最新のメルマガは、明日、発行予定。
お楽しみに♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサードリンク



コメントを残す