船井幸雄さんが亡くなった。

ぼくは小さい頃、本は読まなかった。

文字を読むのが苦痛だった。

 

そんなぼくに親は、

「マンガでもいいから読みなさい」

とマンガを買って来てくれたりしたが、

パラパラと絵しか見てなかった。

 

それが、23歳頃まで続いた。

それまでに読んだ本は片手ほどだったかもしれない。

しかし、その頃に出会った本によって、

ぼくはむさぼるように本を読み始めた。

 

その本が、船井幸雄さんの本だった。

SnapCrab_NoName_2014-1-22_11-5-22_No-00

http://amzn.to/19Mpnxk

たぶんだが(笑)、この本だった。

それから、船井さんの本は、50冊ほどは読んだと思うので、

始まりはどの本だったのかは定かではない。

 

23歳の時に、参加した瞑想合宿が

暇で暇でしょうがない時に、

参加者の一人から借りたのがこの本だった。

 

なぜ、この本が面白かったのか?

それは、自分の興味がある世界が書かれていたからだと思う。

 

もちろん、自分が何に興味があるかなんて、

漠然としていて、分からなかった時だけど、

その本の内容には心が躍った。

魂が歓喜していたのかもしれない。

 

本などまともに読んだことなかったのに、

本の世界に埋没し、一気に読んだ。

 

 

それから船井さんの本をたくさん読むようになり、

その本に書かれていることは、片っ端から実践したし、

紹介されている本、場所、商品にも飛びついていた。

 

 

船井さんのお陰で、ぼくの世界が広がっていったし、

自分自身が求めているものが明確になっていった気がする。

 

 

船井さんに教えられたというより、

船井さんの書物を読んだことにより、

自分の求めている世界に気づかせてくれたんだと思う。

 

 

その船井幸雄さんが亡くなったという話を今朝聞いた。

「ホントにありがとうございました」

と心からお礼を言いたい。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ タイマッサージへ ←ブログランキングに参加してます。

よかったらプチッとクリックお願いします。(^^)/

 

週刊メルマガ!マスターの「タイ古式マッサージ」

http://archive.mag2.com/0001602312/index.html(毎週月曜日発刊)

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す