「天空の城ラピュタ」のような光景【天狗倉山】

天狗倉山に着いた時

目の前は雲に覆われ、真っ白いだけだった。

その先にどんな光景があるのか

想像すらできなかった。

 

ところが。

10分ほど眠っていたのかもしれない。

顔を上げると、雲が流れていくのが分かった。

薄っすらと何かが見える。

すると、その後、感動の光景が目の前に広がってきた。

続きは 

目の前には、こんな光景が広がっていたなんて。

それまでのプロセスが、自然からの贈り物のように感じた。

徐々にその全容を見せてくれた。

 

それは、映画のようだった。

そう、あの映画を思い出させるような光景だった。

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す