熊野古道に行きたかった。

その道を歩きたかった。

だが熊野古道が何なのか?

知らなかった。

熊野古道は、どこにあるのか?

それすら知らなかった。(笑)

そして辿り着いた「馬越峠」

そうぼくがイメージしていた熊野古道とは、

石畳の道。

その道を歩きたかった。

山歩きは得意な方だけど、

看板に書かれている以上の時間かかった。(笑)

予定時間90分だったけど、120分かかったよ。

決して休憩が多かったわけじゃないけど。(笑)

あと少し。

でも半分地点。(笑)

 

歩くだけでも大変な道のり。

その道に、誰か石を並べた。

その道を歩いた。

何百年もこの道を誰かが歩いた。

 

こんな道が、三重、和歌山、大阪、奈良をつなぐ道として

山の中に張り巡らされている。

この道だけではない。

 

歩きたかった石畳の道は、

感動が敷き詰められていた。

馬越峠のゴール。

でも、もう少し上を目指そう。

「天狗倉山」

そこで、自然からのプレゼントが待っていた。

 

(続く)

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す