インド料理

家族で久しぶりに「インド料理」を食べに行きました。

インドは、13年ほど前に、家族3人で半年間ほど住んでいた国。

その時、娘は2歳半から3歳を迎えるまで過ごしていた。

ところが、その半年間のことを何も覚えていない。

インドのことは何も覚えていないらしい。

 

 

ところが、そのインド料理を食べていた時のことだった。

娘はふいに言った。

「なんか懐かしい味がする」

 

そして続けて言った。

「これを食べていると、幸せな気持ちがする」

それを聞いて、ぼくはウッと込み上げるものがありました。

 

インド料理

 

その半年間は、ぼくにとっても、とても濃い時間だった。

知り合いなど誰もいないその国で、家族と共に生き抜いた半年だった。

家族3人で肩を寄せ合って、生きていた。

不便で、文化も生活環境も何もかもが日本と違う国だったこともあり、

毎日、毎日が必死だったし、ただ過ぎていく適当な日などなかった。

 

日本に居たままだったら、感じれないことがたくさんあった。

日本に生まれたことが、いかに幸運なことかが痛いほどわかった。

 

img015

 

娘は、インドのことは何も覚えていないと言っていた。

でも、心の奥底にはきっと何かが残っているはずだ、とは信じていた。

 

インド料理を食べていると、何らかの記憶がよみがえってきたのだろう。

それは、その味と自分自身が幸せだった何らかの感覚が

リンクしていたのかもしれない。

 

「よかった。よかった。よかった」

涙が出そうになるのを必死にこらえた。

 

 

インドの何らかの記憶が残っていたことに、

涙が出そうになったのではない。

 

家族3人で必死に生きたあのインドが、辛かった記憶ではなく、

懐かしい味の記憶と共に、そこには幸せの記憶があったことに安堵し、

こみ上げてくるものがあったのだ。

 

 

 

ぼく自身もあの時も幸せだったけど、

今こうして生きていること、

そして、家族みんなで美味しいものを食べているこの時間に、

これ以上ない幸せな時間を噛みしめていた。

 

 

 

 

PS. ぼくの著書を読んでくれた人は覚えているだろうか?

一緒に写っているインド人が、「果物屋の兄ちゃん」です。

ぼくは、彼から『大きな愛』を教えてもらった。

http://amzn.to/1101nxx (自由への旅)

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ タイマッサージへ ←ブログランキングに参加してます。

よかったらプチッとクリックお願いします。(^^)/

 

 

週刊メルマガ!マスターの「タイ古式マッサージ」

http://archive.mag2.com/0001602312/index.html(毎週月曜日発刊)

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す