タイのお祭り「ロイカートン」

タイのお祭り「ロイカートン」に来ています。

この祭り、毎年来たくて来たくて、いつも先延ばしにしてました。

でも今年は、意を決してきました。

 

そして、ぼくが見たかった「コムローイ」。

夜空に打ち上げる灯篭飛ばし。

それも体験してきました。

コムローイ2

意外と飛ばすのも難しくて、飛ぶ前に燃えそうになったり。

それを楽しむというより必死でした。(笑)

 

 

ぼくはこの祭りのことを「コムローイ祭り」というと思ってました。

ある意味間違ってはいないのですが、

正式には、タイ全土で行われる「ロイカートン祭り」で、

これは通常、川に灯篭を流すお祭りで、

チェンマイ地方だけ、空に打ち上げる祭りも同時に行われていて、

その空に飛ばす灯篭のことを「コムローイ」と言うそうなんです。

 

だからまとめると、

祭りの名前は「ロイカートン祭り」。

その時、夜空に飛ばす灯篭のことを「コムローイ」と呼んでいる、

ってことなんですね。

 

せっかくなんで、ぼくが学んだ「ロイカートン祭り」豆知識をもう少し。

このロイカートン祭りは、毎年11月の満月に合わせて行われるということ。

平日でも休日でも関係なく。

また、このお祭りは基本的に灯篭を川に流すもの。

タイは、川の周りに村が生まれ、その恩恵を受けながら生きてきた。

だから、川へのお礼を込めて、灯篭を流すのだそうです。

 

その灯篭は、バナナの葉の上に花を飾ったものを流すのが基本形。

それにロウソクを灯したり、お香を添えたり。

またこの感謝の気持ちを込めて川に流すことと

もう一つ意味があるそうなんです。

 

これを聞いて、ほ~と思いました。

こんな部分に、ぼくがタイに惹かれる深みがあると思うのです。(笑)

 

それは、『今自分が持っている悪いものも一緒に流す』

ということらしいんです。

「すべてを水に流す」という素晴らしい文化ですね。

その一言だけを聞いて、あとは深く聞かなかったんですがしびれました。(笑)

 

それはきっと、今自分が患っている病気とか人を恨んでいる気持ちとか

自分が持っているマイナス的なものすべてのことだと思うんです。

それを祭りとして、満月に日に行うということにも感動しました。

 

http://youtu.be/_cu_GOdr1eI

 

 

そんな祭りに参加できて、ホントに良かったな~って思います。

ぼくの中にあるマイナスなもの全て流してきました。

今回もたくさんのプレゼントを頂いた旅となりました。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ タイマッサージへ ←ブログランキングに参加してます。

よかったらプチッとクリックお願いします。(^^)/

 

週刊メルマガ!マスターの「タイ古式マッサージ」

http://archive.mag2.com/0001602312/index.html(毎週月曜日発刊)

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す