骨盤を前傾させる大腿四頭筋

骨盤は、体の中心にあり

体の歪みに関係する大きな部位です。

骨盤が歪むと全身が歪みます。

 

それでバランスを取ろうとするから

背骨が曲がるし、ひざに負担がくるし

ますます体全体がおかしくなっていきます。

 

そんなこんなで体の中心である

骨盤は大事です。

IMG_9009

骨は自分の力だけでは歪みません。

その周りの筋肉が

引っ張り合って歪むのです。

 

筋肉が程よく緩み、

リラックスした状態であれば

骨は、本来の当たり前の位置にあるのです。

 

だから、骨盤も

骨盤回りの筋肉を程よく緩めれば

本来の位置に自然を収まるのです。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

骨盤が前に傾くのは、太もも前面の筋肉が関係

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

骨盤は、大きく分けて3つの方向に歪みます。

 

まずは、前のほうに傾く。(前傾)

後ろのほうに傾く。(後傾)

あと骨盤の高さの左右差。

 

それで、今日は

骨盤が前に傾くことについて考えます。

 

骨盤が前に傾くことを「前傾する」と言います。

 

それで骨盤を前傾させる主な筋肉は

太ももの前面の筋肉たちです。

 

太もも前面の筋肉たちが

疲労がたまり、硬くなることにとって

骨盤を前面に引っ張り

骨盤が前に倒れる状況になるのです。

 

太もも前面の筋肉たちを

「大腿四頭筋」(だいたいしとうきん)と言います。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

大腿四頭筋は、4つの筋肉の総称

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

大腿四頭筋は、前面の4つ筋肉たちの総称名です。

・大腿直筋(だいたいちょっきん)

・外側広筋(がいそくこうきん)

・内側広筋(ないそくこうきん)

・中間広筋(ちゅうかんこうきん)

SnapCrab_NoName_2017-1-28_12-38-39_No-00

この4つの筋肉を合わせて

「大腿四頭筋」と言います。

 

特にこれらの筋肉の中でも

太もも前面の中央にある「大腿直筋」が

骨盤を前傾させる主犯格でもあります。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

太もも前面の筋肉「大腿直筋」を緩めよう

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

聞きなれない難しい名前が並びましたが、

これだけ覚えておくといいというのは、

『骨盤を前に引っ張っているのは

太ももの前面の筋肉であるということ』

 

だから、太もも前面の筋肉が張ってて

それが骨盤を前に倒して

腰痛の原因になっているような人には

太もも前面の筋肉をほぐす技、

ストレッチ技を使って緩めていく

ということですね。

 

筋肉名であれば、

太もも前面の中央にある「大腿直筋」を中心に

緩めていく技を使うということです。

 

 

───────────────────────────────

最新の講習会情報

───────────────────────────────

そんな骨盤周りの筋肉を緩める技を

一緒に勉強する講習会があります。

 

骨盤回りをソフトな技から力強くハードに施術していく

そんな流れを学びます。

 

腰痛の原因である

骨盤の前傾、後傾、左右差をどんな技で

緩めていくか。

 

それを学ぶ講習会です。

 

お待たせしました!

「名古屋」と「広島」講習会が決まりました。

 

 

★「骨盤回りを緩める56コの技」

★「肩、首、背中を緩める52コの技」

http://samadhi-master.com/tokyo

 

・名古屋:5月30日(火)31日(水)

・広島:6月26日(月)27日(火)

 

*ただ今、お得な「早割申込期間中」です。

 

スポンサードリンク



コメントを残す