タイの話をお客さまとしたい

タイ古式マッサージをやっている人は

いつかはタイに行きたいと思っています。

 

なーちゃんもその一人でした。

サマディーに来てからもう4年目。

 

ようやく念願が叶いました。
SnapCrab_NoName_2015-3-18_18-17-37_No-00

タイ古式をやっていると

お客さんから

「タイには行ったことあるの?」

そう聞かれることがあります。

 

「そこでタイの話をお客さまとしたい」

 

それが、タイ古式をやっている

セラピストの願いのような気がします。

 

タイに行ったからといって

それまでやっていた

タイ古式マッサージが格段に

上手になるとは限りません。

 

さらに

日本でタイ古式を習った人よりも

タイの学校に行った人の方が

上手いとも限りません。

 

むしろ、

逆のパターンも多いです。

 

しかし、

タイに行くと何かが変わります。

 

それは、タイ古式マッサージが

育まれてきたその全てを

五感を通して感じるからです。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

上手い人に出会う確率は、くじ引きみたいなもの(笑)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

なーちゃんは、どんなお客さまでも

満足させれる技術力を持っています。

 

だから、お客さまからのご指名も多いです。

 

そんな彼女なので

初めてのタイ、

何もかもに期待も大きかったと思います。

 

特に本場のタイマッサージには

大きな期待があったと思います。

 

しかし現実は、街中のマッサージ屋さんでは

上手い人には出会えなかったようです。(涙)

 

ぼくのお気に入りのお店も紹介していました。

 

そこは上手い人の多いお店なはずなのに

そこでも納得いくタイマッサージは受けれず

 

「チップを渡したくないほどヒドイものだった」

と笑っていました。

 

そうなんです。

タイのセラピストはみんな上手か?

と言ったら、

もうそれは発狂したくなるほど

上手じゃない人も多いです。(笑)

 

上手い人に当たるのは、

ごく稀なんです(笑)

 

くじ引きみたいな確率。(笑)

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

マイペンライ(気にするな)が、タイの魅力

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

それでも行って良かったと思うのは、

タイそのものを体感するからです。

 

タイマッサージが育まれてきた

その全てが自分の中に入ってくるからです。

 

タイの人々と触れあい

タイの食べ物を食べ

タイの湿度、匂いを体感する。

 

その環境の中で

タイ古式マッサージは

出来上がったものだから。

 

施術中に他のスタッフと

ぺちゃくちゃ話しながらの施術。

適当な心のこもっていない施術。

痛いだけの施術。

 

やっちゃいけないタブーを

平気でやるタイ人セラピスト。

 

そんな適当さもタイ伝統なもの。

 

マイペンライ(気にするな)

そんな合言葉がタイの日常。

 

そんな環境で出来上がってきた

タイマッサージ。

 

そのいい加減さが

タイの魅力なのかもしれません。

 

マッサージはひどくても

涙がちょちょぎれてしまうほど感動して、
また行きたくなるのが

タイなのだから(笑)

 

 

 タイ古式マッサージ「人気店の技」講習会

福岡 3/31~4/1(残席1名)

東京 4/6~4/7(残席4席)

 

スポンサードリンク



コメントを残す