黄色と赤色の服は危険

7年ほど前の話ですが、

バンコクの中心を流れるチャオプラヤー川のほとりで

朝食を食べていた時のこと。

 

通勤で船から降りてくる人たちのほとんどが、

黄色い服を着ていることに気づきました。

 

その船には、50人近くの人たちが乗っていたのですが、

その中の8~9割の人たちが、黄色い服(Tシャツ、ポロシャツ)を着ている

異様な光景でした。

 

それを見てぼくは、「スゴイ偶然で、今日はみんな黄色い服着てる」

「タイの人たちは異様に黄色が好きなんだな~」

って、ただ素直にそう思いました。(大きな勘違いでした)笑

 

 

それから数日してからその謎が解けました。

この年は、タイのプミポン国王の即位60周年の年でした。

プミポン国王は、タイの人々からとても尊敬されているのです。

だから、国王の誕生日である月曜日の色「黄色」を着ることで、

国民みんなが国王のことを祝福していたのです。

DSC00146

そんな「黄色の服を着る」流行?みたいなことが起こっていたのです。

ぼくもその祝福ムードにのっかり、

マーケットで早速黄色いポロシャツを買って、町を歩いていました。(笑)

02

自分もタイ人になったようで、とても面白かったです。

その時は町中が、異様なほど黄色一色になっていました。

 

 
それからわずか数年後。

その国王派の「黄色」団体と元首相のタクシン派である「赤」団体が激突しました。

空港を占領したり。中心地のデパートを全焼したり。

それはそれは、激しい衝突でした。

ぼくもこの銃撃戦をまぢかで体験しました。めちゃ怖かったです。

国王の下にまとまっていた国民が、2つに分かれ、

死傷者が出るほどぶつかり合いました。

 

 

しばらくの間落ち着いていたのに、

双方の激突が、また最近勃発しました。

微笑みの国、裁判も起こらない国と言われるほど、

温厚な人々であったはずなのに、いったいどうしたんでしょう。

 

今では、黄色の服を着て町を歩いていると、大変な目に遭うかもしれません。

もちろん、赤い服も危険。

バンコクに行く時には、気をつけて下さい。

 

 

12月5日は、プミポン国王の86歳の誕生日だったために、

双方はそれを尊重し、争いを休戦しているだけらしいですが、

また始まりそうです。

 

 

話しはそれますが、10月頃の朝のニュースで、

今年の正月休みの旅行先の第1位が、なんと「バンコク」でした。

これも数年前には、考えられなかったことです。

第1位のバンコクは、はじめてらしいです。(やったー!)(*^^)v

2位がハワイ、3位がソウル・・・・そんな順位でした。

タイ古式マッサージの広がりと共に、

タイへの旅行者も急上昇しているみたいです。(やったー!)(*^^)v

 

 

そんな矢先でのこの激突。

この正月に、初めてタイに行かれる方も多いかもしれません。

微笑みの国のままであって欲しい、と切に願うこの頃です。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ タイマッサージへ ←ブログランキングに参加してます。

よかったらプチッとクリックお願いします。(^^)/

 

週刊メルマガ!マスターの「タイ古式マッサージ」

http://archive.mag2.com/0001602312/index.html(毎週月曜日発刊)

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す