「ベットで行うタイ式ストレッチ」これは危険だよ。真似しないでね!

その場面は、講習会がほとんど終わった時に起こりました。

「ベットの上で、最後の座位の技をかけて欲しい」

という展開になったのです。

 

そこで、ぼくは少々躊躇します。

それは、その技は、床のマットの上で行うもので

ベットの上でも出来ないわけではないのですが、

ぼくがやったものを、見よう見まねで真似すると

事故になりかねないと思ったからです。

 

だから、やることはできるけど、見せていいのかな?

と躊躇したのです。

■「ベットで行うタイ式ストレッチ」

これは危険だよ。真似しないでね!

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

絶対「ぶれない軸」をつかむ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

最近、講習会の最後にこの技を受けたいという要望を

よく受けます。

 

それで解説すると、この技の何が難しいのかと言えば、

「ぶれない軸」なのです。

バランスを崩さない「ぶれない軸」です。

 

動画の中で、書いていますが、

その軸は、相手の背中の後ろで立て膝をついた足が

軸になります。

 

それを軸にして、ねじった時に発生する相手の重力(遠心力)に

持っていかれない体幹が大事なのです。

 

お客さまの重力に持っていかれた時に

バランスを崩して、ベットの上だと二人とも

下に転げ落ちちゃう危険があるのです。

 

ぼくも初めの頃は、

マットの上で、お客さまと一緒に転がったものです。(笑)

何度か転がってしまった経験から

軸を修正し、強固なものにしながら、

ぶれない軸をつかんでいったのです。

 

どんな大きい人をやってもぶれなくなった時に

絶対「ぶれない軸」が完成します。

それから、ベットの上で挑戦するようにして下さい。

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す