両替はチェンマイのほうがいい?

バンコクで乗り換えてチェンマイに行く時、

バンコクの空港内にある為替レートの電光掲示板を見ました。

「今日の日本円はいくらかな?」

 

毎回、この瞬間、緊張します。めちゃ祈ります。(笑)

ところが、今回祈りは届かず、

「レート、めちゃ悪」そう思いました。(涙)

 

その日のレートは、

「0.2950」と表示されていました。

この数字の読み方は、

「10,000円を両替したら、2,950バーツになる」

ということです。

 

ぼくの基準では、「0.3」を切ったら、とても厳しい状況なんです。

せめて「0.32」・・・欲を言えば「0.35」くらいであってほしいです。

 

想像してみて下さい。

1万円を出したら、2,900バーツの場合と3,500バーツの場合、

ざっと考えても、多くお金が返ってきた場合のほうがお得なことが分かります。

 

1バーツが3円だとすれば、1万円の両替で、600バーツ(1,800円)もの差がうまれます。

10万円だと、6,000バーツ(18,000円)もの差になるのです。

 

2時間のタイ・マッサージが、300バーツのお店もあるので、

わずか1万円の両替で、2時間のタイ・マッサージ2回分もの差が生まれるのです。

これは大きいです。(@_@;)

 

初めてタイに行った時が、「0.3555」(ぼくの基準)

5年ほど前が、最も悪く「0.2900」

2年ほど前が、最も良く「0.3880」(最高、天国です)笑

 

日本の経済状況によって、旅人たちにも多大な影響が及びます。

学校の社会の勉強で、為替レートの話が出ても、

さっぱり分からず、興味もなかったことだけど、

旅人たちにとっては、死活問題になるのでみんな必死に計算し学びます。(笑)

 

「わ~、今はレートが悪いな」

タイのバーツは、少々持っていたので、チェンマイに着いてから両替しようと思い、

チェンマイに飛びました。

 

よく言われることは、

空港の中にある銀行もバンコクの中心地にある銀行も同じなので、

レートは同じだということ。

また、同じようにバンコクの銀行もチェンマイの銀行も同じなので、

レートは同じだということ。

 

ぼくも最初はそう思って、それを信じてました。

ところが実際は違う。

やっぱり空港内は、少々レートが悪いです。

 

そして、今回チェンマイの空港に着いてから驚きました。

バンコクよりめちゃレートが良かったんです。

 

今までチェンマイに行く時、バンコクでの乗り継ぎ時に、

レートを比較したことなかったので、

今回は特別だったのかもしれません。

DSCF4985

チェンマイのレートは、「0.3105」でした。

同じ日なのに、大きな差でした。

さらに、空港では両替せずに、その日の夜にナイトバザールで両替すると

「0.3150」でした。

チェンマイの街中は、さらに良かったです。

 

バンコクとチェンマイで、1万円で200バーツ(600円)の違いでした。

その日によって、日本円とタイバーツのレートは違います。

タイに旅行に行く場合は、意識してみて下さい。

今からの時期であれば、

「1万円出して、3,200バーツ」であればラッキーでしょう。

幸運を祈ります。(*^_^*)

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ タイマッサージへ ←ブログランキングに参加してます。

よかったらプチッとクリックお願いします。(^^)/

 

 

週刊メルマガ!マスターの「タイ古式マッサージ」

http://archive.mag2.com/0001602312/index.html(毎週月曜日発刊)

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す