【タイ古式マッサージ】30分で結果を出す

サマディーでは、タイ古式マッサージのメニューが、

30分コースからあります。


タイでは、2時間のマッサージが普通であり、

1時間コースもありますが、1時間コースをお願いすると、

「1時間で何ができるの?」と嫌な顔をされたことが何度もあります。

 

それは、お客様から頂いたお金が、そのまま歩合としてお給料に反映されるので、

どうせやるなら、長いコースを受けてもらって、

そのままお給料に反映したいから・・・

そんな理由もあると思います。

 

もちろん、2時間受けてもらった方が、きっちりほぐしてあげれて、

満足させてあげれる、という思いも当然あると思います。

 

 

タイ・マッサージは、2時間が主流であり、

足を念入りにやることから始まり、ある程度の時間配分が決まっていて、

仰向けから始まって、うつぶせになる時間、

最後の座位になる時間もある程度の目安で成り立っています。

 

 

タイで、こんなこともありました。

1時間コースをお願いすると、

仰向けの足から始まり、両足が終わっった段階で、

「はい、これで終わり」となったことがありました。

 

こちらとしては1時間で、

背中、肩もお願いしていたので、

仰向けの足だけで終わって、

「まじで?」

かなりの消化不良、欲求不満を感じました。

 

 

ぼくがタイ古式マッサージを宮崎で始めた時、

もう12年以上も前の話ですが、

当初30分コースは、ほとんど足だけの施術でした。

「タイ古式マッサージは、足中心のマッサージで・・・・」

そんな話もしていたと思います。

 

 

しかし、

肩こりでの症状等で来られたお客さまにとっては、

タイ古式のプログラムなど知ったことではなく、

肩こりの辛さを解消して欲しいわけで、

お客様のイライラを感じながら、

「これではいけない」と思いました。

 

 

ぼく自身のタイでの消化不良の経験も

大きな転機となった気がします。

どんな状況であれ、

お客様の要望にできる限り応えていく。

結果を出していく。

ということに、こだわってやってきました。

 

もちろん、それは「タイ古式マッサージで結果を出す」です。

 

 

宮崎は、のんびりした町ですが、

のんびりとマッサージに時間とお金をかける人は少ないです。

2時間コースを受ける人など、都会の10分の1もいないでしょう。

都会には、今では3時間コースもあると聞きます。

宮崎では、ありえません。(笑)

 

 

その当時は、「タイ古式マッサージ」というものを誰も知りませんでした。

そんな中で、このマッサージのファンを増やしていくことが、

ぼくへの至上命令だったのかもしれません。(笑)

 

今、思えば・・・なのですが、

ぼくがタイ古式を黙々とやり続けてきて、

力がついてきたのは、この30分コースのお陰だったのかもしれない

と思うのです。

 

 

長くなりそうなので、

また来週続きを書きたいと思いますが、

「30分で結果を出す」

このことが、ぼくを含め、サマディーのスタッフの

成長の原点なのかもしれません。

 

 

(来週へ続く)

 

週刊!マスターの「タイ古式マッサージ」

登録無料 http://archive.mag2.com/0001602312/index.html

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す