人の痛みは、自分が経験してからこそ分かるもの

久しぶりに動画の編集しました。

パソコンの中には、

たくさんのスタッフたちとの練習風景

の動画が眠ったままになっています。

 

その中から、今回は、この動画を編集しました。

選ぶのはいつもランダムです。

 

動画を見れば、随分前の動画だと分かるはずです。

なぜなら、ぼくの髪の毛が短いから。(笑)

短いというより、坊主頭です。(笑)

SnapCrab_NoName_2017-4-23_10-11-15_No-00

調べてみたら、2年前の動画でした。

 

★【自分が経験してから分かるもの】

 

動画の冒頭でいきなり

なんでそんな話を突然しているのか?

と自分でも不思議に思いましたが、

 

そういえばこの時、なーちゃんは腰が痛くて

特に仙骨周辺、お尻の上部が痛くて

お客さんに入るのも大変そうだったので、

急きょマッサージをしてあげたんだったと

思い出しました。

 

ホントはみんなとの練習の日だったけど

ぼくの施術を受けるのもいい勉強かな。

 

またカメラを回してくれた高倉ちゃんにとっても

施術の流れを見るだけでも

いい勉強になるはずだと思い、

なーちゃんをマッサージしてあげることにしたのでした。

 

結局、90分くらいマッサージしてあげてましたね。

お金もらえばよかった(笑)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

人の痛みは、自分が経験してからこそ骨身に染みるもの

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

動画の中でこんな話しています。

「首が回らないほど、

寝返りが打てないほどの痛みを経験した後、

その痛みで苦しんでいる人が来たりする。

それまでは、人の痛みというのは

人ごとの痛みだけど、

自分が経験すると、その痛みに心底共感できる」

そんな話をしています。

 

腰痛もしかり。ひざの痛みをしかりです。

 

この時、なーちゃんは仕事をするのも大変なほどの

「腰の痛み」を経験していたのです。

 

それで、もう一ついい経験をしてもらいたかったのが、

そんな辛い時

どんな施術をされたら気持ちいいか、

痛みが軽減していったか

というのを経験してもらいたかったのです。

 

またカメラを回している高倉ちゃんにも

マスターはどんな技の流れで施術をしていくのか、

というのを見てもらいたかったのです。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

偶然選んだ動画だったけど

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

たくさんある動画の中から

偶然その動画を選んで、編集したわけだけど

とても不思議なことを感じました。

 

それは今では、このなーちゃんと高倉ちゃんの二人は

腰周辺に痛みがあるお客さまに対して

どんな技を使って、組み立てていくのかというのは、

当たり前のように技のレパートリーをたくさん持っているのに、

この時はまだ基本的な技すら

知らなかったんだということ。

 

「何ですかその技は?」と

興味津々に聞いてくるシーンが

いっぱいあったからです。

 

さらに感慨深く感じたのは、

今、ぼくが講習会で回っている

「骨盤回りを緩める56コの技」は、

この日のことが、伏線になっているんではないか

と思いました。

http://samadhi-master.com/tokyo

 

この日を境に二人は、

ぼくが使っていた技を自分のモノにするべく

日々努力をしてきたし、

お客さまに施術しながら、その成果を日々積み上げてきました。

 

そのお陰で

今回「骨盤回りを緩める56コの技」の

教科書を作る時、

二人はぼくの大きな力になってくれたのです。

あの日は、3人にとって

とても大きな日だったんではないかって

動画を編集しながら思いました。

 

この動画がなかったら

そんなことがあったことすら忘れていたし、

このタイミングで出てきたことが

とても不思議な気がしました。

感謝!

スポンサードリンク



コメントを残す