人は縁のある場所へ行く

最近、ある人のことが気になっていた。
”あの人は、どこに行ったんだろう?
それとも、結局どこにも行かなかったんだろうか。”
そう思っていると、その人がやってきた。
わ~お[#IMAGE|S42#] 前来た時と同じように、
僕ご指名でマッサージにやってきた。
”待ってましたよ。早くお話聞かせて下さい。”[#IMAGE|S16#] その人は、ちょうど僕が「深夜特急」にはまっていた時、
マッサージに来てくれた人で、
その本を読んで、僕が無性に行きたくなった場所、
香港、ペナン、イスタンブールを
ピンポイントで、旅した人だった。
「ピンポイント」
http://sukhi.exblog.jp/10889330/

その時、
「夏にかけて、また旅に行こうと思ってるんだけど、
まだどこに行こうか迷っているんです。」
と言われていた。
そして先日来られた時、
その目は、もう何かを言いたがっていた。(笑)
『あれから、どこかに行かれたんですか?』
僕も待ちきれず、こう切り出した。
「ええ。チェンマイに、3ヶ月間ほど・・・」
えっ~~~~?[#IMAGE|S5#] チェンマイ・・・?
あれ~メジャーなところ・・・ヨーロッパとか言ってなかったですかね・・・?
なぜまたチェンマイに?
「マスターの影響かな・・・・。」
彼は照れくさそうに笑った。

彼は、僕が何年もかけて出逢ったタイ・マッサージの先生方に
片っ端から会いに行っていた。
タイ・マッサージをするつもりなかったらしいけど、
どっぷりはまっていたらしい。
「チェンマイ最高ですね。」
『・・・ですよね~!!』
僕らは話に夢中で、
もうマッサージどころではなかった。(笑)
チェンマイか~[#IMAGE|S12#] なぜか僕には縁の深い場所だよな~。
また行きたいな~。
↓ 僕にとって、チェンマイとはこんなところ
「サワディー・チャ~オ♪」
http://sukhi.exblog.jp/6713627/


でも、目の前の彼とも、
僕はよっぽど縁があるんだろうと思っていた。
バックパッカーのノリが僕は好きだ。
やっぱり人生は、「旅人」であり続けたいよね。[#IMAGE|S3#] さあ、がんばって働いて、また旅に出よう!
そんなスイッチが入りました。(笑)[#IMAGE|S32#]

スポンサードリンク



コメントを残す