タイ古式マッサージは、心静かに行うことが大切

毎週のように、

スタッフたちと練習会をやってます。

SnapCrab_NoName_2015-3-18_18-17-37_No-00

先週の練習前のことです。

 

早くに来た2人と時間まで一緒に、

「瞑想」(呼吸法)をすることにしました。

 

 

ところが、全然落着けない様子。

ソワソワ感が、伝わってきます。

2人とも少々苦手なようでした。(笑)

 

 

そこで、

「タイ古式マッサージは、心静かに行うことが大切」

 

そんな話をしました。

 

もちろん、2人はそんなこと重々承知。

 

 

ざわついた心も

マッサージ始める前の

手を合わせてお祈りする時には

「不思議と心が静かになる」

と話してくれました。

 

 

さすがサマディーのセラピストです。(笑)

 

ホントにそういう状態になるのだと

思います。

 

 

 

しかし、ざわついていた心が、

手を合わせたわずか10秒ほどで

完全には、静かにはならないと思うのです。

 

 

少々の心の濁り、しこりは残っているだろうし、

施術の途中では、

またざわめきが始まったりするのではないか?

と、ぼくは思うのです。

 

 

そこで、みんなが集まった時に

こう質問しました。

 

 

「手を合わせただけで

完全に心静かにならない場合、

でも施術を始めなくてはいけない。

 

心静かになる方法が一つあります。

どうすればいいと思う?」

 

色々な意見が出ましたが、

残念ながら、期待していた正解は

出ませんでした。

 

そこで、それを

その日の練習にすることにしました。

 

 

 

答えは、

この動画を見て下さい。

↓   ↓


https://youtu.be/bFhHPrNH7Os

 

スポンサードリンク



コメントを残す