東儀秀樹のanother sky

テレビをつけた途端、
「タイ・バンコク」という文字が出た。
大好きな番組「another sky」の舞台が、
今日は、バンコクだった。
なんと「東儀秀樹の第2の故郷」が、
タイのバンコクということだった。
http://www.ntv.co.jp/anothersky/20100212.html
東儀秀樹さんのイメージは、
ヨーロッパかな?
と思ってたけど、
1~7歳まで幼年期を過ごしたらしく、
その空気が、自分の根底には流れているのだという。
彼が紹介するバンコクは、
僕の大好きなバンコクそのままだった。
今日の放送を見て、
僕は、彼の大ファンになってしまった。(笑)
タイ・バンコクを彼はこう表現していた。
「タイとは、優しさを蘇らせてくれる場所。
誰にでもある普通の優しさが、普通にまかり通って、
普通にコミュニケーションできる場所。」
そして、最後のナレーションは、
僕の心を深く、深くうなづかせた。
優しさが人と人を結び、
優しさが人をタイへと誘う。
そして、もらった優しさを返すために、
またタイへ足を運びたくなる。

僕にとってのanother skyも、
間違いなく「タイ・バンコク」であろう。
僕は、このバンコクで、
どれほどたくさんのギフトを受け取ったことだろう。
それは、感謝してもしきれないほどの
大きな大きなもの。。。
そして、そのバンコクで最も好きな場所。
これも東儀秀樹さんと一緒だった。
それは、チャオプラヤー川の流れ。。。

偶然、テレビをつけた奇跡。
今日は胸いっぱいです。
感謝!

スポンサードリンク



コメントを残す