タイの平和は国王にあり

タイのプミポン国王が、先週退院したというニュースが流れてきました。

4年近く入院されていたようですね。

 

タイの国王は、とても大きな存在です。

とても尊敬されていて、タイ人はみんな大好きです。

th1

初めてタイに行った時、

「国王の悪口だけは言ってはいけない。冗談で言っても、ひどい目に遭うよ」

そう言われたことを思い出します。

 

それから、たくさんのタイの友人に出会ってきましたが、

形式的に国王を尊敬しているわけではなく、

心の底から尊敬している偉大な国王であることがわかりました。

 

国王のお陰で、平和で笑顔あふれる国であり続けられる、

そう言っても過言ではないほどに。

 

 

ところがここ数年で、タイの情勢に変化が起きています。

一部の団体が国際空港を占領したり、

バンコク中心にある「セントラルワールドセンター」を全焼させる暴動があったり。

 

ちょうど国王が、体調を崩されて入院されていた時期と重なります。

今まで通りの生活を求める国王派の「黄色派」と

経済発展を目論む政治上層部派の「赤派」の争いです。

 

今まで国王の圧倒的な存在感で、この国を治めてきたけど、

国王の体力的な衰えと、経済的な世界の流れにより、

タイも変化の時を迎えようとしています。

 

「国王が亡くなったら、どうなってしまうのだろう?」

能天気なタイ人も表には出さないまでも、

心の中ではみんながそう思っていると言います。

 

国王が元気なうちは、まだ平和なタイのままでしょう。

いつまでも笑顔あふれる国であって欲しいと願います。

でも、きっと「微笑みの国」という代名詞は、

変わることなく続いていくでしょう。

 

 

タイのお札に印刷された国王

タイ紙幣

 

週刊メルマガ!マスターの「タイ古式マッサージ」より
http://archive.mag2.com/0001602312/index.html(登録無料)

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す